便秘が続くとどうなる

「便秘が続く」はあらゆる症状を引き起こしてしまう

便秘は直腸や大腸だけの問題ではなく身体の至るところに影響を及ぼす「病気」の一つです。

 

この便秘が長く続いてしまうとと身体にはもちろん、心までさまざまな影響を与えてしまいます。

 

「お腹が張る」「全身が気だるい」など分かりやすい自覚症状がある一方で、目に見えない部分での症状も気がつかないうちに進行してしまうこともあります。

 

便秘自体は改善することは可能ですが、便秘が続いて引き起される他の症状の中には重篤な症状になるケースもたくさんあるので「たかが便秘」と侮ること無く長い期間続いてしまう便秘には真剣に向きあう必要があります。

 

このページでは、便秘によって引き起こされる症状について詳しくみていきます。

 

便秘が続くと現れる症状

便秘が続くと現れる症状のなかでも比較的初期の段階で気づけるものは、便秘の改善とともに解消できるものが多いです。便秘が解消されると連動して改善されるんですね。

 

しかし、便秘が慢性化して引き起こされる症状の中には便秘が改善されても引き続き身体に悪影響を与えてしまうものがあります。

 

最悪のケースを引き起こしてしまう場合ありますから、便秘がちな女性は「便秘によって引き起こしされる症状」を知識として持っておく必要があります。自分の身を守ることにもつながる「便秘になると引き起こされる症状」についてここでしっかりと確認しておきましょう。

 

 

自覚しやすい症状

便秘が続くと表れる初期の症状にはこんなものがあります。

 

肌荒れ・ふきでもの

そもそも便は身体にとって必要のないもの(老廃物)なのでこれが身体にいつまでも留まると悪玉菌の増殖や有害なガスなどを発生させてしまいます。排泄がされないと腸の壁から悪い物質が吸収されて血液を通じて全身にめぐってしまいます。

 

最終的には毛穴から汗として排出されますが、血液から栄養をもらう肌細胞にも悪影響を与えてしまいます。

 

ストレス・イライラ・不快感

直腸、大腸などの不調は自立神経系を通して脳にストレスを与えてしまいます。ストレス信号を脳が受けると不快感として認識させようとします。不快感やイライラは「身体に不調があるよ」と知らせてくれるサインなのです。

 

この不快感がいつまでも続くと交感神経の緊張状態が続いてやがて自立神経にも異常が表れるようになります。

 

 

疲労感・倦怠感

便秘の原因となっている体内酵素の働きが鈍ることが原因で身体全身の代謝が低下すると、疲労感や倦怠感が表れます。

 

また便秘が続くと自立神経にも影響がでます。自立神経の乱れは脳にとってストレスとなり、脳へのストレス状態が続くと身体への司令が鈍くなるので身体全身の活動量が低下してしまいます。

 

 

ぼっこりお腹・お腹の張り

溜まった便は時間の経過とともにどんどん腐っていきます。老廃物となった便は腸内の悪玉菌のエサとなりお腹の中でガスを発生させます。ガスが発生すると当然お腹は張ります。特に腹筋力が低下する30代以降のお腹ではポッコリお腹が顕著にあらわれます。

 

 

体臭・口臭がくさくなる

お腹に溜まったガスの出口は上か下かしかないので下がだめなら当然上からだすしかないわけですね。老廃物から発生するガスは匂いなどもキツく、ゲップはおならと同じレベルで臭ってくるはずです。ゲップが臭いだけならかくすこともできるかもしれませんが、有害なガスは血液中を通して毛穴からも発散されてしまいます。

 

結果、口臭や体臭がきつくなってしまうんですね。ここまで自覚できるレベルはかなり進行していますから一度受診されることをオススメします。

 

 

便秘が進行すると現れる危険な病気

自覚しやすい症状が続くと進むとやがて以下のような病気を引き起こしてしまいます。ここまでくるともはや便秘どうこうではなくなりますから注意が必要です。

 

腸閉塞

突発的な腹痛、発熱、過呼吸、脱水、頻脈などの症状を引き起こして進行すると死に至ることもある重篤な病気です。文字通り腸が閉まって塞がれてしまう病気です。腸に問題がある場合と、腸以外に問題があって腸が動かなくなる場合の2つに別れますが、いずれにしても便秘が続くと引き起こされる可能性が高くなる病気です。

 

この病気になるとご飯を食べることが許されなくなり、絶飲食で点滴のみで治療することになります。

 

大腸がん

女性のがん死亡率第1位になっている病気です。血便、便通異常、腹痛などの症状を伴い、便秘による腸内細菌の化学反応によって発がん性物質がつくられると言われています。(大腸がんの原因は多岐に渡り真因は未だに分かっておらず諸説あります。)

 

早期発見で完治が可能ながんですが、羅漢しないように日頃から予防することが大切です。

 

便秘は放置することができない

便秘になってもお腹は空きますし、身体にとって必要な栄養は外から摂取しなくてはいけません。

 

スッキリできないのに身体に食べ物を入れると当然どこかで詰まってしまうわけです。

 

放おっておいて治る病気ではありませんから便秘かな?と思ったら初期の段階で積極的に対策をとる必要があります。

 

具体的に便秘を解消する方法はコチラを参考にしてください。
よく分かる!酵素が便秘に効く理由

 

便秘の悩みはなかなか気軽に相談できることでもありませんし、特に女性は体質だから仕方がない、とそのまま放置している人も多いようです。

 

しかし、便の状態というのは健康のバロメーターとも言われるほどに大切なもので、便が長く腸にとどまったままの便秘は長く放置しておくとさまざまな不快な症状となって現れます。

 

便秘を放置しておくと、腸に溜まった毒素が体中を巡るので、深刻な病気の原因ともなります。私たちが思っている以上に、便秘が続くというのは危険な症状なのです。

 

>>便秘に効く酵素ドリンクランキング<<

 

【けっこうヤバい】便秘が続くとどうなる?便秘が続くと出てくる症状関連ページ

女性が便秘になりやすい理由
女性の方が男性に比べて約4倍も便秘に悩む人の数が多い理由を詳しく解説。女性特有の身体の仕組みから便秘になる原因までどこよりも詳しく解説します。
便秘解消に効果のある食べ物
酵素以外にも便秘の時に積極的にとっておきたい食品はたくさんあります。便秘解消のお手伝いをしてくれる食品をまとめてご紹介します。
便秘薬の副作用
知っておかないとヤバいことになる?便秘薬を常用することで身体に耐性がついてしまい便秘薬の聞かない身体になってしまうことも?各種便秘薬の特徴や副作用などを詳しく解説しています。