便秘解消 食べ物

便秘知らずの道は食べ物から

20代から40代の女性のおよそ7割が悩まされているという便秘は、まずは食生活の見直しをすることが解決への近道です。

 

ドラッグストアなどに行けばたくさんの便秘薬も販売されていて即効性があることからついついそんな便秘薬に頼ってしまいがちです

 

しかし薬には副作用もあり依存性もあるので、即効性はあっても根本的な解決を遅らせることになってしまいます。

 

排便というのは、食事をすることで行われる生理的な働きなので、便秘を解消するためには、食事の見直しは避けては通れません。

 

酵素以外にもある便秘解消効果を期待できる成分

当サイトのメインテーマでもある酵素が便秘解消に良いことはさんざんお伝えしています。(参照⇒酵素が便秘に効く理由

 

しかし、便秘解消に役立つ成分は酵素の他にもいろいろあってこれらの成分を含む食材をバランスよく摂取することでより便秘知らずの生活を送る可能性が高まります。

 

 

便秘解消の王道【食物繊維】

まずは便秘解消に効果のある食べ物として有名なの食物繊維です。

 

食物繊維には2種類あるので、便秘の時には、この2種類の食物繊維をバランスよく摂るのが効果的です。

 

水溶性食物繊維

水に溶ける性質がある食物繊維。これは腸内でゲル状の柔らかい便を作って排便をスムーズにしてくれる作用があります。

 

不溶性食物繊維

水に溶けずに水分を吸収すると膨らむ作用があるので、腸内に溜まった便のカサを増やして腸管を刺激してくれます。腸の蠕動運動も促されて、排便しやすい状態になります。

 

2種類の食物繊維は腸内での作用が異なるので、どちらか一方ではなくて、どちらの食物繊維もバランスよく摂るのが理想的です。

 

オリゴ糖

多くの糖類は腸に届く前に消化吸収されてしまうのに対し、オリゴ糖は小腸を超えて大腸まで届く糖の一種です。大腸では善玉菌のエサとなり腸内細菌の善玉菌優位を保つのに効果的です。

 

腸内で善玉菌を優位に保つことで腸内環境を整えて柔らかくて良質な便をつくることができます。

 

オリゴ糖は砂糖など他の糖類の約半分のカロリーしかないので、ダイエット目的などでも利用され普段の食生活の中に摂り入れやすい糖として人気が集まっています。

 

 

ビフィズス菌

「赤ちゃんの腸内細菌の99%はビフィズス菌」。こんな事実を聞くだけでなんだか身体に良さそうですが、実際にビフィズス菌は腸内環境を正常に保つのにとても大きな役割りを果たしてくれます。

 

ビフィズス菌は酸をつくる乳酸菌の一種です。乳酸菌にはとても種類が豊富にあるのですが、生きて大腸まで届く乳酸菌はビフィズス菌を始めとするごくわずかな種類です。

 

しかし、そのわずか種類の乳酸菌が腸内で悪玉菌を退治してくれるのです。老廃物をエサとして身体に有害な物質を創りだす悪玉菌は腸内がアルカリ性に傾くと活発になります。ビフィズス菌は腸内で酸を創りだして悪玉菌の活動を抑える働きをしてくれます。

 

ビフィズス菌が酸を創りだす働きのおかげでビフィズス菌だけではなく他の善玉菌もいきいきと活動できるようになります。しかもビフィズス菌には大腸のぜん動運動を活発にさせる働きもあり便秘解消には無くてはならない成分となっています。

 

ビフィズス菌を摂取するのは簡単で、スーパーなどで売られている特定保健用食品の認定を受けているヨーグルトを摂取すれば必要なビフィズス菌が生きて腸まで届けることができます。

 

便秘に有効な成分の中でももっとも手軽に摂取できるのもビフィズス菌が人気となっている秘密ですね。

 

 

その他にもこんな成分もおすすめ

酵素、食物繊維、オリゴ糖、ビフィズス菌以外にも最近になって注目をあつめるようになった便秘に効果を発揮してくれる新しい成分もあるので幾つか紹介しておきます。

 

モリンガ

インド原産のハーブの一種。食物繊維などを豊富に含むんぢて腸内で悪玉菌に対して働きかけると言われています。サプリメントやお茶として入手することができます。

 

サラシア

最近になって便秘を解消する効果が認められた成分。インド医学では古くから便秘解消効果があると用いられてきた成分で、ビフィズス菌と同じく腸内での善玉菌の働きを助けてくれる効果があります。

 

キャンドルブッシュ

キャンドルブッシュと呼ばれる黄色い花を咲かせるマメ科の植物で、腸内環境を整える働きがある成分。最近では漢方などと合わせたお茶などが人気となっています。

 

豊かな食生活こそ便秘解消の基本

便秘解消の効果が期待できる食品というのはたくさんありますが、大事なのはどの食品を食べるかではなくバランスよくたくさんの種類の食品をとることです。

 

便秘に限らずあらゆる病気を未然に防ぐには豊かな食生活というのは欠かせません。

 

そんな豊かな食生活お送ることを大前提としながら、便秘解消をしたいというときに特に摂っておきたい食品というのを幾つかご紹介します。

 

重ねて言いますが、これだけを摂ればいいというわけではありません。食事の基本は【バランス】です。

 

便秘になった時に積極的に摂っておきたい食品

コチラも参考にしてください。⇒(食物酵素の働きや食品酵素が多く含まれる食品

 

食物繊維を豊富に含む食品

  • 穀類、オートミール、そば
  • 野菜・果物 かぼちゃ、ブロッコリー
  • イモ類 こんにゃく さつまいも
  • 海藻類 わかめ 昆布 ひじき

 

オリゴ糖を豊富に含む食品

  • 果物 りんご、バナナ、ブドウ
  • 野菜 サトウキビ、キャベツ、トウモロコシ
  • 発酵食品 味噌、醤油、

 

  • ビフィズス菌、乳酸菌を豊富に含む食品

    • 乳製品 チーズ、ヨーグルト、
    • 発酵食品 キムチ、納豆、味噌

 

 

くどいようですが、これらを偏ってとっては意味がありません。便秘解消の基本はバランスの取れた豊かな食生活です。

 

食物酵素も、食物繊維もオリゴ糖も乳酸菌もどれも私達の美容と健康にとっては欠かせないものなのです。

 

好き嫌いをせずに規則正しく毎日充実した食生活を送るように心がけていくべきです。

 

 

豊かな食生活をサポートして便秘もすっきり
便秘に効く酵素ドリンクランキング

食生活は便秘解消の基本!便秘解消に効果のある食べ物関連ページ

女性が便秘になりやすい理由
女性の方が男性に比べて約4倍も便秘に悩む人の数が多い理由を詳しく解説。女性特有の身体の仕組みから便秘になる原因までどこよりも詳しく解説します。
便秘が続くと出てくる症状
便秘が続くと身体にとって良くない症状や便秘を次々と引き起こしてしまいます。便秘がちなら知っておいた方が良い「便秘が続くとでてくる症状」についてまとめました。
便秘薬の副作用
知っておかないとヤバいことになる?便秘薬を常用することで身体に耐性がついてしまい便秘薬の聞かない身体になってしまうことも?各種便秘薬の特徴や副作用などを詳しく解説しています。